2009年02月11日

賢竜杯を振り返って(1)

こんちわ。
レキの中身です。具の部分とも言います。ガワは割りと取り外し自由。
なんのこっちゃ。




あれからはや一ヶ月ですか。

なんというか今更感が漂いまくってたりもしますが、「賢竜杯」を振り返ってみようと思います。
結構長いです。
そして、ぶっちゃけ内容の半分くらいは、戦術論(笑)みたいなもんだったりもします。


それでもいいよ!という方。
お時間が許せば、最後までお付き合い頂けるとこれ幸い。




○前書き 〜店舗大会での立ち回り〜

まず、「賢竜杯」という大会そのものに触れる前に。

自分が大会に臨む上で、常に細心の注意を払っている事があります。


”出題ミスをしないこと”



広義では、例えばボンバーマンの大会で、芸能順番当てを使った後に芸能四択を出さない、といった、「レギュレーションを遵守する」事を指しますよね。
勿論、それも大事なことなんですが、まあそこを踏み外してしまうと、勝ち負け云々といった所までたどり着けません。

もう少し懐に入ってみます。


簡単な例をあげてみましょう。
上位二人抜けで、出題は完全フリー、というルールの大会に参加している、と仮定します。
対戦相手に、学問の総合正解率90%オーバーの方、いわゆる「QMAにおける学問の偉い人」が二人もおられるとしましょう。
さて、貴方なら何を出しますか。



自分の武器も学問だし、学問で勝負を挑む。大いに結構なことだと思います。
自分のフェイバリットに自信を持っているならば、正面からぶつかるというのも素敵な選択肢でしょう。

ただ、それが勝ち抜くための「得策」か、と言われると。
正直言って首を傾げざるを得ないところです。



この点に関しては、具体的なプレイヤーのお名前を出した方が説明し易かったりするんですが、それをここでやるのもどうかなー、と思うんで控えます。

--

さて。
話が少し変わりますが。

僕のQMA上における趣味の一つに、「対戦相手の武器などを覚えること」というのがあります。

・使用武器
・グラフ
・接続店舗
・正解/不正解する問題の傾向


この辺はかなり大事にしてます。
普段からすげえ見てますよ。観察とも言います。
正直、興味の無い問題の答えを覚えるよりこっちの方が遥かに楽しいです。



こういった事を気にかけることにより、自然と見えてくることがあったりもします。

「この人、四択全般がすげえ強いなあ」
「この人、芸能○○使いだけど、芸能○○は苦手なのかな」
「おや、この人は文学は得意みたいだけど、地理や理系は苦手のようだ」
「この人はビジュアル全般がダメなのかも?」
etc.



大会の結果とかを見るのも好きですね。
「○○さんがこんなの使ってる!」みたいな発見があったり。


--

既に気付かれた方もおられると思いますが。


これが、冒頭の ”出題ミスをしないこと”  に繋がります。


例を出してばかりで恐縮ですが、また店舗大会にたとえてみます。

二抜けのルール、対戦相手は全員アニゲゲージ1. 
そこで、そこそこ予習した事がある、アニゲスロットを出しました。
ところが、手持ち武器にアニスロという札を持っている人が二人いて、その結果返り討ちに遭って敗退…



これは、”出題ミス”だと、僕は思うんです。
ここで出したのが、アニゲの違う形式だったら、あるいは違う結果になったかもしれません。
というか、その可能性が高いと思います。


--

「勝つために、何を出したらいいか。」


以前、京都に、その事を追求した二人の賢王が居られました(お二人が賢王を取られたシリーズは異なりますし、活動時期もやや違ってくるんですが)
お二人とも現在は関東にお住まいなんですが、今となっては、彼らの考えに感化された部分というのはかなり大きかったりします。

彼らが京都に居られた頃の自分は、どちらかというとゴリ押しスタイルだったんですけどねw
とりあえず誰がいようと芸能キューブ、みたいな。


そういった、「誰にも負けない武器」を、現在の自分は持ち合わせてないわけなんです。
じゃあ、勝つためにどうしたらいいか。


相手の弱点を突けばいいじゃない。


単純な帰結です。
ただ、実践するのはなかなかホネですよ、とだけw
posted by 元賢王経験者 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月08日

前日予選攻略(3) 西千葉編

こんばんは、ほむらです。今回は西千葉予選について書いてみます。


■レンジャー
これに関しては正直これといって攻略法は思いつきません。レンジャーに出る人は基本的にそのジャンルが得意な人なので、苦手を突く、ということも難しいですし、「何問取れたか」というよりは「何問落としたか」という減点法の戦いになりやすいので、単純な実力勝負になりがちです。
出題には、「形式1回、ランダム1回」という制限があるので、作戦の介入する余地があるとすればここになるでしょう。ただ、レンジャーは原則的に「1位抜け」なので、1回戦から武器を温存することが困難です。
スポーツ、学問、アニゲあたりはランダム使いが多いですが、芸能、雑学はランダム使いがかなり少ないため、ここで使えるランダムを持っている人は有利に戦えます。形式は短期間でも予習すればそれなりに効果は見込めますが、ランダムは対策の効果が現れにくいのがこまったところです。武器が形式のひとは何とか1回戦をランダムで抜けられれば楽になるわけですが……なかなか難しいですよね。


■検帝
最大のポイントは検定のチョイスです。いまさらここで僕が穴を予想してみたところであまり意味はなさそうですが、ちょっと考えてみます。対戦相手の少ない検定を選ぶことが出来れば、トーナメントに進める可能性はかなり高くなります。
ご存知の通り、検定試験の仕様は、(一定以上のレベルでは)完全に引きの勝負になってしまっているため、人気検定では「全答安定」レベルの人でも負けてしまう可能性が十分あります。

西千葉はレンジャー決定戦があるので、1ジャンルに特化した検定は人気が集まると思います。少年漫画とか戦国とか。逆に言えば、ジャンル色の薄い検定は狙い目だ、ということになります。90年代、アメリカ、80年代、アニマル、昭和あたりでしょうか。

もうひとつおすすめなのは「古い検定」です。たとえばアニゲならコナミ→ロボアニ→少年漫画と検定があったわけですが、5稼動直後にコナミ検定をやりこんだプレイヤーは、それから復習していない限り、いまコナミ検定を選ぶのは敬遠するんじゃないかな、と思います。3つともやりこんでいるならば一番記憶が新しい少年漫画を選ぶんじゃないかな、という気がするわけです。
雑学なんて検定だらけですので、今更フード検定なんてちゃんと覚えてない、という人がたくさんいてもおかしくありません。その辺を狙うのもひとつの手かな、と思います。


とはいえもし自分が出るのであれば間違いなくミス検ですし、「これが好き!」という検定があればそれを選ぶのが一番近道なのだろうと思います。参考にならない意見でごめんなさい。

次回以降は本戦のルールを確認しつつ、個人的な展望なんかを述べていこうかと思います。
posted by 元賢王経験者 at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月07日

前日予選攻略(2) 越谷編・後編

2日目にしてもう更新してねーじゃん。


改めましてこんにちは、ほむらです。昨日の続きです。
昨日書いたとおり、団体戦の鍵を握るのは、「出題順と出題選択」です。これはチームで相談して決めていただきますが、時間には制限があります。体験した感想としては「いくら時間があっても足りない」くらいなのですが、当日は運営の都合もあるのでそれほど長い時間を取ることは出来ません。その時間でいかに最適解を導くか、が勝負です。


■自己紹介
まずはこれ、です。前日予選という性質上、チームメイトが初対面ということも多いでしょう。普段やってる場所とか得意ジャンルとか武器とか説明しましょう。得意ジャンルだけでなく苦手ジャンルも伝えたほうが良いと思います。
個人的には野球・サッカーが出来るかどうかも重要じゃないかと思っています。一番飛んできやすい形式な上に得意・苦手がはっきりしているからです。ソラリスでの模擬戦の決勝では、僕のいるチームはサッカー2発食らって惨敗しましたw
「全員苦手」という場合は仕方ないので腹をくくりましょう。


■解答順選択
ここからは対戦相手のメンバー表とにらめっこです。3チーム×4人で12人全てのプレイヤーについて十分な情報を得るのは難しいと思いますが、チームメイトと手持ちの情報を交換すればそれなりに見えてくるものもあるのではないかと思います。
解答順を決めるに当たってまず考えるべきことは

@相手チームが何を出題しそうか
A相手チームはこちらのチームが何を出題すると予想するか

です。

@相手チームの出題は、「相手チームの中で一番強い武器」が来る可能性が高いので、例えば相手チームに多答使いが1人、だったりしたらそれが来ると想定して良いと思います。
A例えば味方にも敵チームにも野球使いがいる場合、敵チームは、こちらが野球を出題すると読んで、こちらのチームのターンに合わせて野球使いをぶつけてくる可能性があります。そこでこちらは、「相手の野球使いが苦手な形式」を投げることで有利に戦える……かもしれません。


配置としては、「総合力タイプのプレイヤーは防御に」「武器特化型のプレイヤーは攻撃に」というのが基本になるでしょう。
たとえば、「総合正解率80%、武器のアニゲ線結びが90%」というAさんと、「総合正解率65%、武器の学問スロットが85%」というBさんが同じチームにいるとすれば、僕ならBさんに学スロを投げていただきます(アニ線と学スロどっちが強いのか、というとちょっと難しい話になりますが)。
できるだけ総合力の高い人が相手の出題をカバーし、苦手ジャンル・形式の多いプレイヤーには安定して取れる武器を投げてもらう。自チームの選択で刺すよりも、相手の出題で炎上しないことの方が重要だと思います。


一応なんとなくまとめてみるとこんな感じになります。


「武器優先」
メリット:相手の解答順に関わらずリードを奪いやすい
デメリット:こちらの出題が読まれやすい

「防御優先」
メリット:こちらの出題を読まれにくい、相手の出題で大きく離される可能性が減る
デメリット:読みを外すと攻撃力で劣る


最終的には好みの問題にもなりますので、あとは当日、チームメイトと相談して決めてください。実際にやっていただけるとわかりますが、団体戦には個人戦とはまた違った面白さがあります。せっかくの交流の機会でもありますし、楽しんでくださると嬉しいです。
posted by 元賢王経験者 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月06日

前日予選攻略(1) 越谷編・前編

お久しぶりですこんばんは、ほむらひろしです。
今日はAnswer×Answerを27クレやりました。QMAはやりませんでした。AnAn2の方が面白いので、「有段者ですが何か?」というAnAnブログにしようと言ったら止められました。

しばらく休眠状態になっており申し訳ありませんでした。今日から毎日更新しようと思うので、よろしければお付き合いください。


さて、賢竜杯前日予選、本戦まであとわずかとなりました。順調に対策の進んでいる人、マイペースに楽しんでいる人、AnAn2に浮気している人、細かく勉強のスケジュールを立てたにも関わらずその1/10も消化できずに、「このままでは1落ち確実だ、あれだけ予選で自重しなかったのに本戦ですぐに負けるのはさすがにまずいんじゃないか」とイライラしている人、色々いらっしゃると思います。最後の症例に当てはまるお仲間はいませんか?


ここでは今日から2日間、「前日予選」に向けて、色々と考えられる戦略・楽しみ方などを載せていこうかと思います。今日はまず、南越谷予選に焦点を当ててみます。


■団体戦
この団体戦、越谷予選最大の特色と言ってよいでしょう。おそらくこれまでに類例はないんじゃないかと思います。参加者の皆様は是非、もう一度ルール(http://www.kenryuhai.com/habataki/page.php?target=zenjitsu)をご参照下さい。

先月のソラリスEM2杯の本戦終了後、予行演習もかねて「第二部」としてこのルールで団体戦を行いました。出題制限などについてはその際は「完全同一形式再使用禁止」でやった気がしますがちょっと自信ありません。実際にどういう制約が課せられるのか、については当日まで秘密、です。色々邪推してくださいね。


結論から言うと、この団体戦で勝ったのは第一部の勝者、れおさんでした。そう言うと、「結局強いやつが勝つのかよ」と思われるかもしれません。ちょっと待ってください。工夫次第でいかようにも勝負が出来るのが、このルールの面白いところだと思います。

ポイントは、ひとり6問しか解けない、ということです。
筐体に座ることが出来るのはひとり1セットの間だけです。つまり6問分。いかにれお様でも残りの18問に関しては手を下すことは出来ません。100点満点を取ったとしても、残りのセット次第で負けてしまうこともあります。
ちなみにソラリスでは、クジのいたずらか「れお、てるお、くほういん、シュー」というちょっとインチキくさいチームが出来てしまったため倒すことが出来ませんでしたが、このチームを相手にしたとしても、くほういんさんの解答順に合わせて、くほういんさんの苦手形式である「学問タイピング」をぶつければ勝てたかも知れません。いかに効率的にダメージを与えつつ、自チームが受ける被害を最小にとどめるか。これが団体戦の鍵を握ります。


なんだ当たり前じゃん、と思った方がいらっしゃるかもしれませんが、話はそれほど単純ではありません。
たとえば正解率がアニゲ90%で残り全部40%、という人がいらっしゃったとして(そういうタイプの方は西千葉に集まられるとは思いますが)、その方が「アニゲを出題している/されているターン」に回答席につくことができれば、それこそ賢神クラスの活躍が期待できます。しかしそれ以外のジャンルを解く羽目になると、かなり厳しい戦いになるでしょう。
個人戦ではどうにもなりませんが、団体戦ならば戦略次第で、苦手ジャンル・回避することが可能です。それぞれが自分の力を最大限発揮できる解答順を組むことが出来れば、どんなチームにでも勝機はあるはずです。


ちょっと長くなってきたのでいったん切ります。次回はもうちょっと具体的に、団体戦のメンバー発表後どう動くべきか、についての考えを述べたいと思います。
posted by 元賢王経験者 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月11日

北の国からコンニチハ

どうも皆様、寒くなってきた今日この頃いかがお過ごしでしょうか?

まずは更新が遅れてしまったことをお詫び申し上げます。
色々と身の回りが落ち着いたので、ようやく書くことができました。

レキさん、ンドゥールさん、ほむらさんと来て次は・・・?
FENGでした。残念。

ここのところ寒いですね。僕の住む北海道では先日雪が降りました。
朝起きて、窓の外を見たら真っ白という状態に陥っておりました。
家の前の道なんてもうアイスバーン状態です。
また北海道の長い冬が始まるかと思うとなんだかな〜って気分になってしまいます。・・・っと、別にこんな北国の話はどうでもいいですよねw


さて、このブログは賢竜杯攻略ということなんですが
最近プレイ頻度が落ちてるくせに、偉そうに物言いしていいのか?という不安に駆られながらも、自分なりに書かせてもらいますね。
皆様お付き合いのほどよろしくお願いいたします〜


では、ここからはFENGの体験談、みたいな感じでお届けしようかと思います。
僕は賢竜杯は過去に2度参戦しています。
始めて参加したのはQMA3のとき、賢竜杯FINALでした。
当時は武器と言えるものは1つくらいしかなく、まさに刀1本で敵陣へ単身乗り込むといった感じだったでしょうか。FINALは1回は勝てましたが、2回戦で敗退という結果でした。そのあと観戦で思ったこと、もっと使える武器が必要だと、そのときは手遅れながら感じたのでした。


そして2回目は去年の〜祭〜
前年度の教訓で、QMA4の間は色々な武器を作るということに重点を置いてプレイしていました。
それが功を奏したのか、この年は4回戦まで進出と前年の結果を大きく上回ることができました。やはり手駒が多いと安心できますし、色々な場面で役に立ってくれると思います。


賢竜杯を攻略する上で重要なことは、戦える武器をできるだけ準備しておく。当たり前のことかと思いますがこれに尽きると思います。
なおかつ、出されることが想定される形式などは防具にできるくらいにしておくことができればベストなのかな、と。


・・・ごく当たり前のこと言ってるだけですよねw
僕には文才がないので、このくらいのことしか書けませんorz
ご容赦ください。
こんな内容ですが参考にしていただけるなら幸いです。


あと言えることは、賢竜杯は年に1度のイベント。津々浦々のプレイヤーさんと交流することのできる数少ないチャンスです。
こんなこと言っちゃなんですが、戦いよりも交流を楽しむ。これもひとつの楽しみ方かと思います。折角の機会だから思いっきり楽しまないと!


僕が言える事はこのくらいでしょうか・・・^^;
結局月並みなことしか言えてない気がしますw

では。僕からはこの辺にさせていただきますね。こんな文章に
お付き合いいただきありがとうございました。


・・・最近、トナメの決勝で僕が変なの出題してるのを目撃したかたがいらっしゃるかもしれませんが、気にしないでくださいねw
べ、別に新武器とかじゃないんだから!(蹴
posted by 元賢王経験者 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月18日

ロス・オブ・コンタクト

別に週刊と決まっているわけではないのにそんな感じにしてしまってすみません。こんにちは、若手です。ほんとだってば。


1人目がレキさん、2人目がンドゥールさんで、次は誰だろう?とワクワクしていた皆さん。残念でした、ほむらです。


ンドゥールさんから回ってきたので「ろ」で始まるタイトルを考えているうちに一週間経ってしまいました。嘘です。



地方予選も着々と日程を消化し、続々と権利獲得者が決まっています。関東の予選にはかなりの頻度で顔を出しているのですが、どこへ行っても層の厚さを感じるばかりです。参加者の方とお話をしていても、「いくら枠が多くても関東で権利を取るのは厳しい」という声をほんとうによく聞きます。そしておそらく、どこの地域でも同じような意見は上がっているのではないかと思います。

今月16日のソラリス予選は参加者64名中、すでに権利を獲得しているプレイヤーが8名いました。そのうちベスト16に残ったのが4名、ベスト8に残ったのが2名(このお二方がそのまま1位、2位)。「安定して勝つ」ということがいかに困難かおわかり頂けるかと思います。

逆に言えば、権利持ちだろうが何だろうが、「その瞬間、強いほうが勝つ」というだけのことなのですよね。たった24問。自分の守備範囲の問題が連発することだってありえます。このゲームを長いことやっていれば、「絶対に勝てないと思っていた相手に勝てた!」という経験は皆さんきっとあるのではないかと思います。だからQMAは止められない、のです。


先ほどからずいぶんと偉そうな物言いで恐縮ですが(最近の流行語でいえば「上から目線」ですね)、要は誰が勝ってもおかしくない、ということで。最近は特にそれを実感する日々です。正解率なんか何の当てにもなりません。「絶対に勝つ」という気持ちが勝利を引き寄せることが、このゲームにはあります。
最後の一問、「どうせ負けてるから飛んじゃえ」とか言って連想適当に答えたら実は知ってる問題で普通に答えれば勝ってた、なんてのはよくあることです。あれこれ計算して点数足りない、とか考える間に目の前の一問に全力を尽くす。

あきらめない。某賢王様ではありませんが、最後に勝負を分けるのは結局、そんな部分だったりするものです。



とりあえずはまあこんなところで。次があればその時は本戦の話をできればな、と。それまでにスポ多と芸順が使えるようになっていますように。あきらめろとか言うな(笑)
posted by 元賢王経験者 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月11日

生きてるってなんだろ


生きてるってな・あ・に?

こんにちは!準おっさんです!

1人目がレキさんで、次は誰だろう?とワクワクしていた皆さん。残念でした、ン
ドゥールです。



ここからは真面目に。

今回の賢竜杯、地方予選も予定の半分以上を消化しました。本戦出場権は獲得できま
したか?

「今年の賢竜を攻略するブログ」ということなので、どの大会に出るべきか迷ってい
るあなたにアドバイスしてみます。

以下のa)〜h)の中からあなたにもっともあてはまるものを選んでください。あなたに
最適な予選がわかるかもしれません。



a)全ジャンルに使える形式がある

b)大穴のジャンルを抱えている

c)STJ使いだ

d)自分は運がいいと思う

e)自分は強いと思う

f)自分は弱いと思う

g)このジャンルなら負けない!

h)実はもう出場権をもっている





a)もちろんボンバーマンルールがおすすめ。憧れます。

b)ジャンルくじ引きルールで。集中砲火は避けられそうです。

c)フリーで猛威をふるってください。

d)くじ引きでしょうか。さあ、隙間を縫いましょう。

e)自信を持つことは大事ですね。足元をすくわれないように。

f)数打ちゃ当たります。どんどん参加しましょう。

g)前日をお楽しみに。

h)自重する必要はありませんよ。





どうでしょう?参考になりましたか?



私は運良く権利を獲得できましたので、あとは本戦に向けて調整していくことになる
と思います。

素晴らしい試合ができること、観れることを期待しています。それでは1月、西千葉
でお会いしましょう!!
posted by 元賢王経験者 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月05日

私と賢竜杯

べったべたの記事タイトル!初っ端がこんなんですいません。
あ、ブログのタイトルは僕の発案ではないんで大目に見てくださいwbr>
どうもこんばんわ、レキというカードネームでQMAをやってる者です。
定例のアチョー大会に関わらせてもらっている、ということで、この度スタッフのお手伝いをさせて頂く運びになりました。
とはいえ、当の賢竜杯・京都予選の方は、去る10月18日に無事終えることができまして。(これに関しましては、別個地方予選レポートの方に書かせて頂きます)
自分のスタッフとしての仕事は、ひとまず一段落かな、といったところです。
---
表題の話。
選手としては、賢竜杯U以降、毎年参加させてもらってます。
初参加の”U”では、一回戦4位であっさり落ちましたねえ。あの時のスポタイで間違えた問題は未だに覚えています。
”FINAL”では三回戦まで進めましたし、昨年開催された”07−祭−”では、なんと決勝まで残ることが出来ました。
「今年は期するものがあります」とか書くのもアレなんで、「今年も頑張りますよ!」という表現に留めておきますw

胸に秘めたものがあるってのは、自分に限ったことではないでしょう。(結局言っちゃったw)
店舗大会に恒常的に参加している人が、このデッカい大会で、「結果を遺してみたい!」と思うこと。これは比較的自然なことなのかもな、と思います。
賢竜杯予選として、各地で激戦が交わされています。それを勝ち抜いて切符を手にされた方全員に、『賢竜』を手にする資格がある、ということなんですよね。今更言うことでもないかもしれませんが。
---
てなわけで、このブログは、どちらかというと”選手”としての視点から賢竜杯を見ていく、という形になりそうです。
ゆるりとお付き合い頂ければ。
でわでわ。
表ブログを放置してはや1年○ヶ月になるレキでした。
posted by 元賢王経験者 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記