2008年11月05日

私と賢竜杯

べったべたの記事タイトル!初っ端がこんなんですいません。
あ、ブログのタイトルは僕の発案ではないんで大目に見てくださいwbr>
どうもこんばんわ、レキというカードネームでQMAをやってる者です。
定例のアチョー大会に関わらせてもらっている、ということで、この度スタッフのお手伝いをさせて頂く運びになりました。
とはいえ、当の賢竜杯・京都予選の方は、去る10月18日に無事終えることができまして。(これに関しましては、別個地方予選レポートの方に書かせて頂きます)
自分のスタッフとしての仕事は、ひとまず一段落かな、といったところです。
---
表題の話。
選手としては、賢竜杯U以降、毎年参加させてもらってます。
初参加の”U”では、一回戦4位であっさり落ちましたねえ。あの時のスポタイで間違えた問題は未だに覚えています。
”FINAL”では三回戦まで進めましたし、昨年開催された”07−祭−”では、なんと決勝まで残ることが出来ました。
「今年は期するものがあります」とか書くのもアレなんで、「今年も頑張りますよ!」という表現に留めておきますw

胸に秘めたものがあるってのは、自分に限ったことではないでしょう。(結局言っちゃったw)
店舗大会に恒常的に参加している人が、このデッカい大会で、「結果を遺してみたい!」と思うこと。これは比較的自然なことなのかもな、と思います。
賢竜杯予選として、各地で激戦が交わされています。それを勝ち抜いて切符を手にされた方全員に、『賢竜』を手にする資格がある、ということなんですよね。今更言うことでもないかもしれませんが。
---
てなわけで、このブログは、どちらかというと”選手”としての視点から賢竜杯を見ていく、という形になりそうです。
ゆるりとお付き合い頂ければ。
でわでわ。
表ブログを放置してはや1年○ヶ月になるレキでした。
posted by 元賢王経験者 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41140159

この記事へのトラックバック