2008年11月18日

ロス・オブ・コンタクト

別に週刊と決まっているわけではないのにそんな感じにしてしまってすみません。こんにちは、若手です。ほんとだってば。


1人目がレキさん、2人目がンドゥールさんで、次は誰だろう?とワクワクしていた皆さん。残念でした、ほむらです。


ンドゥールさんから回ってきたので「ろ」で始まるタイトルを考えているうちに一週間経ってしまいました。嘘です。



地方予選も着々と日程を消化し、続々と権利獲得者が決まっています。関東の予選にはかなりの頻度で顔を出しているのですが、どこへ行っても層の厚さを感じるばかりです。参加者の方とお話をしていても、「いくら枠が多くても関東で権利を取るのは厳しい」という声をほんとうによく聞きます。そしておそらく、どこの地域でも同じような意見は上がっているのではないかと思います。

今月16日のソラリス予選は参加者64名中、すでに権利を獲得しているプレイヤーが8名いました。そのうちベスト16に残ったのが4名、ベスト8に残ったのが2名(このお二方がそのまま1位、2位)。「安定して勝つ」ということがいかに困難かおわかり頂けるかと思います。

逆に言えば、権利持ちだろうが何だろうが、「その瞬間、強いほうが勝つ」というだけのことなのですよね。たった24問。自分の守備範囲の問題が連発することだってありえます。このゲームを長いことやっていれば、「絶対に勝てないと思っていた相手に勝てた!」という経験は皆さんきっとあるのではないかと思います。だからQMAは止められない、のです。


先ほどからずいぶんと偉そうな物言いで恐縮ですが(最近の流行語でいえば「上から目線」ですね)、要は誰が勝ってもおかしくない、ということで。最近は特にそれを実感する日々です。正解率なんか何の当てにもなりません。「絶対に勝つ」という気持ちが勝利を引き寄せることが、このゲームにはあります。
最後の一問、「どうせ負けてるから飛んじゃえ」とか言って連想適当に答えたら実は知ってる問題で普通に答えれば勝ってた、なんてのはよくあることです。あれこれ計算して点数足りない、とか考える間に目の前の一問に全力を尽くす。

あきらめない。某賢王様ではありませんが、最後に勝負を分けるのは結局、そんな部分だったりするものです。



とりあえずはまあこんなところで。次があればその時は本戦の話をできればな、と。それまでにスポ多と芸順が使えるようになっていますように。あきらめろとか言うな(笑)
posted by 元賢王経験者 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41140161

この記事へのトラックバック