2009年01月08日

前日予選攻略(3) 西千葉編

こんばんは、ほむらです。今回は西千葉予選について書いてみます。


■レンジャー
これに関しては正直これといって攻略法は思いつきません。レンジャーに出る人は基本的にそのジャンルが得意な人なので、苦手を突く、ということも難しいですし、「何問取れたか」というよりは「何問落としたか」という減点法の戦いになりやすいので、単純な実力勝負になりがちです。
出題には、「形式1回、ランダム1回」という制限があるので、作戦の介入する余地があるとすればここになるでしょう。ただ、レンジャーは原則的に「1位抜け」なので、1回戦から武器を温存することが困難です。
スポーツ、学問、アニゲあたりはランダム使いが多いですが、芸能、雑学はランダム使いがかなり少ないため、ここで使えるランダムを持っている人は有利に戦えます。形式は短期間でも予習すればそれなりに効果は見込めますが、ランダムは対策の効果が現れにくいのがこまったところです。武器が形式のひとは何とか1回戦をランダムで抜けられれば楽になるわけですが……なかなか難しいですよね。


■検帝
最大のポイントは検定のチョイスです。いまさらここで僕が穴を予想してみたところであまり意味はなさそうですが、ちょっと考えてみます。対戦相手の少ない検定を選ぶことが出来れば、トーナメントに進める可能性はかなり高くなります。
ご存知の通り、検定試験の仕様は、(一定以上のレベルでは)完全に引きの勝負になってしまっているため、人気検定では「全答安定」レベルの人でも負けてしまう可能性が十分あります。

西千葉はレンジャー決定戦があるので、1ジャンルに特化した検定は人気が集まると思います。少年漫画とか戦国とか。逆に言えば、ジャンル色の薄い検定は狙い目だ、ということになります。90年代、アメリカ、80年代、アニマル、昭和あたりでしょうか。

もうひとつおすすめなのは「古い検定」です。たとえばアニゲならコナミ→ロボアニ→少年漫画と検定があったわけですが、5稼動直後にコナミ検定をやりこんだプレイヤーは、それから復習していない限り、いまコナミ検定を選ぶのは敬遠するんじゃないかな、と思います。3つともやりこんでいるならば一番記憶が新しい少年漫画を選ぶんじゃないかな、という気がするわけです。
雑学なんて検定だらけですので、今更フード検定なんてちゃんと覚えてない、という人がたくさんいてもおかしくありません。その辺を狙うのもひとつの手かな、と思います。


とはいえもし自分が出るのであれば間違いなくミス検ですし、「これが好き!」という検定があればそれを選ぶのが一番近道なのだろうと思います。参考にならない意見でごめんなさい。

次回以降は本戦のルールを確認しつつ、個人的な展望なんかを述べていこうかと思います。
posted by 元賢王経験者 at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41140165

この記事へのトラックバック